「メルマガバックナンバー」 一覧

【2018年12月1日配信】ころんでもただでは起きない

もう10年以上前のことです。 知人の社長さんの息子と一緒に、 繁華街を歩いていました。 そこで「ぼったくり」に遭い、 散々な目にあいました。 社長さんからは、 松本先生がついていて、 何なんですか!と ...

【2018年11月15日配信】物語でなく日常のエピソード

短文で心に響く文というのは、 必ずしも物語は必要ありません。 短文ではなく、 本を書くなら、 違うでしょうが。 また、文章ではなく ハリウッド映画でしたら 物語が無ければ、 そもそも映画の作品には な ...

no image

【2018年11月1日配信】自分のエピソードを書く

ビジネスの文と、 人を感動させる文は 書き方が違います。 ビジネスで欠かせないのは、 たとえば報告文でも、 5W1Hが欠かせないものです。 しかし、感動させる文には 必ずしもそれは不可欠ではありません ...

【2018年10月15日配信】全部ひとまとめにして書かない

三連休、ゴールデンウイーク、 帰省ラッシュ等、 新聞の見出しを観ていますと、 これも新聞が読まれなくなっている一因かな、 と思うことがあります。   この書き方は、 十把ひとからげといいます ...

【2018年10月1日配信】文体はですます基本に流行りも考える

文章の末尾を、 ○○だ、である という形にしますと、 力強さや自信を伝えることができます。 こう思いますというのではなく、 必ずこうなります、 と書く方が自信のある書き方です。 ただ、デメリットもある ...

【2018年9月15日配信】親しい人への私信のつもりで書く

読みやすく、心に響く書き方にする秘訣は何でしょうか? これはその逆で、心に響くことのない、改善すべき書き方を考えるとよくわかります。つまり、その逆を意識したらよいのですから。   親しみを感 ...

【2018年9月1日配信】共感をえるために

これは、話し方にも共通しますが、一方的に伝えるだけでは共感をしてもらえません。 ですから、書きながら、ポイントでは質問をなげかけたす。 それは必ずしも答えを求めるものではありません。   と ...

【2018年8月15日配信】わかりにくく書くこと

もちろん、すべてわかりにくく書くととうてい読み手は感動することはないでしょう。 あくまでも一部ということです。 なぜでしょうか?   もちろん、読み手からするとわかりやすいにこしたことはあり ...

【2018年8月1日配信】言葉は一文字でも意味を変える力がある

あの人は「頭がいい」というのは その人を肯定する意味があるでしょう。 「気が利く」とか「性格がいい」 「心が広い」など同じです。 いいたいのは「が」で表現したら、 この場合は認めて肯定する表現になる ...

【2018年7月15日配信】心に刺さる魔法の言葉を使う

読む人に感動してもらうには、 ストーリーの作りこみを考えるとか、 様々な書くスキルを磨くとか、 これから回を進めて説くことは 多くあります。 ポイントは、 他人事と思われないことです。 自分と関係のな ...

【2018年7月1日配信】書き言葉と話し言葉は違う②

現在は話しも残ってしまう傾向はあります。 目の前にいる数人と思い話したら、録音されていて再び聞き直されて問題になるなどは珍しくないでしょう。 それでも、日常なら大半は話しは「一過性」であり、その場限り ...

【2018年6月30日配信】書き言葉は話し言葉とは違う①

まず文章を書く上で、「話すように書け」というのは違う。 このことを始めに覚えておいてください。 特に今回以降も続くテーマである「短文で読む人を感動させる」ことにおいては、基本中の基本です。 まずは、冒 ...

Copyright© 松本幸夫オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.