「 ykmatsumotoの記事 」 一覧

no image

【2019年10月15日配信】初めて読む人がわかるように書く

公(おおやけ)の文章は、 初めて読んだ人がわかるように 書くのが基本です。 そこは、 個人のブログの文とは違います。 つまり、お約束があり、 仮に毎回神社が登場するとか、 新しいタピオカの店が 紹介さ ...

ネットなき時代のメリット

初めて自分の考えをまとめてみたのは、20才になるかならないかの頃でした。 今ならSNSで発信すれば楽で早いのです。が40年以上も前の話しですから、そもそもSNSどころか、インターネットそのものがないの ...

【2019年10月1日配信】一巡して新鮮に感じる

アイディアが枯渇してしまい、 以前の焼き直しというのでは ありません。 研修や書籍のテーマが一巡して、 過去にもどってきていることが 多くあります。 自分がラッキーと思えるのは、 初めのブームの頃に ...

集合研修の役割と限界

今迄で20代から、ずっと集合研修の講師をしてきました。 平均しますと、2,30人を一クラスで、多い時には100人を超す人数の受講者です。 ここでできないのは個別の対応です。 もちろん、個人の問題はあり ...

【2019年9月16日配信】感情が動いたらテーマになる

何を題材に書いたらいいのか わからない。 何を書けばよいのですか? と質問されることが 良くあります。 それがハッキリしませんと、 とりとめのないこと、 特にあなたが書く必要のない文に なりがちです。 ...

【2019年9月1日配信】自分の仕事相手を広げる

研修をしていますと、 受講者の親の世代が、 私の以前のベストセラーのファン と言うことが 珍しくなくなってきました。 これは、 長年書くことを辞めずにいたことへの、 ギフトなのかなと思っていますし、 ...

細かなことに注意する

作家になる資質は何ですか? と質問されることがあります。 継続する力、研究心、探究心などいろいろあるでしょう。 その中で、細かなことに注意を払い考える力があります。   先日、多摩モノレール ...

【2019年8月15日配信】教条主義に陥らない

2019/08/15   -未分類

ドグマ、排他的、 あいまいさを認めない、 こうあらねばならぬ、 ということを かたくなに守りすぎますと、 良い文章は書けなくなります。 いままでに述べてきています 「読み手の心に刺さる文章を書く」、 ...

決して安くない

買い物の話ではありません。 よく芸人やタレントが、海外に出てレポートをします。 仮にタイのバンコクで、ラーメンが一杯100円だったとします、 すると必ず「安い」という言葉がでます。 しかし私は心の中で ...

長く続けることの価値

業界に入って、長年経ちました。 26歳の終わりくらいから本を出し、研修講師を始めました。 途中数年日本にいなかった時期はあり、その時には研修はブランクでしたが、執筆は仕事をこなして日本に原稿を送ってい ...

【2019年7月15日配信】誰に書いているかを考えて書く

同じ趣旨の文章でも、 読む相手を常に考えて 書く必要があります。 最近、新聞の試写室という A新聞の欄をよく「反面教師」 として読んでいます。 ちなみに読み手は不特定多数ですが 新聞の購読者であり、 ...

フリーランスの生活

交換、Y興業のからまった闇営業が注目を集めています。 もともと、フリーランスで30年以上やっていますから、似たことは珍しくありません。 その会社に所属していると形式上は名乗っていても、その会社(代理店 ...

no image

【2019年7月1日配信】とにかく文を短くすること

新聞をニュースの速報性で読む ということはなくなりました。 印刷された時点で 話にならないくらい遅いからです。 事件は起きて犯人が逃げていると 載っている時点で、 逮捕されているなどということも 珍し ...

【2019年6月15日配信】真剣勝負で書く

ここで言う真剣勝負は、 書き直しや校正、 文の入れ替えなどをせずに、 一回書いたなら そのまま文を完成したものとする、 という意味です。 もとは、真剣で斬り合いをしたら もし斬られたら やり直しがきき ...

何の役にも立たないことが良い

アニソンを、それも50年以上前の曲でも、始めのフレーズが即座に出てきます。 著作権があるでしょうから、全文は書けませんが、これはメロディを聞かなくてもすぐにパッと歌えます。 言葉をハッキリとおぼえてい ...

【2019年6月1日配信】発音を意識しておく

令和もだんだんと つかいなれてきたでしょうか? それも含めて、発音の問題です。 これを発音に近く書けば 「れーわ」です。 決して「れいわ」ではありません。 私は京王線を使いますが。 これは「けーおー」 ...

【2019年5月15日配信】貯ネタしよう

心に刺さる文を書くためには、 心に刺さった文や、 良いなと思った表現を 記録しておくことです。 スマホのメモがいいですか? それともメモ帳に手書きがよいですか? という質問をもらうことがあります。 デ ...

決まりきった書き方をしない

親の代からA新聞を購読しています。 それはしかし、テレビ欄と時々「悪い書き方の例」の参考にするためです。 もちろん、「良い例」もありますが、とても少ない。   特に署名のある原稿なら、たとえ ...

【2019年5月2日配信】自分のコメントを加える

これは、書くことに限りません、 話すのでも同じです。 仕事の都合上、 昼間のニュースショーを 見ることがあります。 ちなみに、 よほどでないと録画はしません。 リアルで見ることのできるもの のみ見てい ...

好きにしてみる

京都のP研究所に打ち合わせに出かけたことがあります。 友人と、行きたかったドイツ料理を食べに行くのと合わせました。 さらに、たまたま旅行にでかけていた娘と合流してお茶をして、彼女は友人と平等院鳳凰堂へ ...

Copyright© 松本幸夫オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.